ヨガロータス天満橋

右半身、左半身だけの不調、ありませんか?!



こんにちは、練習生のあい子です!

最近練習中に気付いたことがあります。

それは、右半身の不調。

右の脇腹を伸ばす時、伸ばしにくい。
右太ももが上げにくい。
右の肩甲骨横が痛い。
右の二の腕が伸びにくい。
以前は右の腰痛もありました。

よくよく体を観察してみたところ…

右側に傾いて立っている
何気なく立っていると、つま先が右側を向いている

ということが判明!!

さらに左のつま先の方が前に出ていますから、
前後にも歪んでいます。

トップ画像をみていただければ明らかです!

右肩が下がっていますし、
頭も右に傾げています、
つま先は右向きに…

歩いている時も斜めなんだろうなあ…


歪みの原因は様々



なんでこんなに歪んだんだろう…

ずーっと考えていたのですが、
しばらくは思い当たる節もなく、
仕事でのデスクワークの姿勢や、
荷物の持ち方の偏りしか見当がつきませんでした。


もちろん内臓からくる歪みもありますが、
健康診断でも特にひっかかりませんでした。



しかし!
人生をずーっと遡って考えてみたところ、
左足の捻挫を3回している!
ということを思い出したのです。


おそらく大きな原因はこれで、
他に考え方や日常生活の癖が輪をかけたのでは?
と思っています。




そこで、この歪みを改善するべく、
気づいた時に自分で調整してみることにしたのです。


立っている時、歩いている時、
座っている時、
気づいたらまっすぐにしてみる。



しかしなかなかすぐに治るものではありません。


右側に傾いているということは、
余計な力が入っています。
当然筋肉のつき方も左右で違いがあります。


長年この状態だったわけですから、
仕方がありませんよね。


でも今気付いたので、今から治します。
遅くはないと思います。
この瞬間が一番早いですからね。


意識をしてみることでさらに気付く




ちょっと意識をすることで、
力が入っている事にも気付いたんです。

右肩で無理にバランスを取ろうとしたり、
右股関節だけで動こうとしたり、
右足に重心が乗ったまま立っていたり。


歪みの矯正はまず自分で気づくことから、
なんじゃないかと思います。


でも普段の生活で気付くのは難しい。


私もヨガの練習で気づきました。
それ位、ヨガでは自分にフォーカスしてるんだなと思います。


このように、ヨガで気付くことはたくさんあります。

今後はちゃんと練習することで、
筋肉のつき方も変わってくると思います。


もし体に左右差を感じたら、
一緒に歪みについて考えてみませんか!

The following two tabs change content below.
Aiko

Aiko

愛知県出身。3歳からピアノをはじめる。漢方スタイリスト。大学卒業後にドイツに短期留学。その後広告代理店でコピーライターをしながらピアニストとして活動。コンピュータ音楽を勉強するため、芸大に編入。 卒業後大阪で商品開発&輸入の仕事、音楽活動、またお家でワークショップスペースを開いたりと、やりたい放題しているうちにココロもカラダもオーバーワークで悲鳴をあげ、ようやく自分自身に目を向けるように。 ヨガでこのココロとカラダがどう変わるのか楽しみながら、初心者だからこその発見を伝えていけたらと思います。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です