ヨガロータス天満橋

タイプ別!冷え性の対処法!



練習生のあい子です!

急に寒くなってきましたね。
つい先日まで暑かった気がするのですが、早くもストーブを出すくらいの寒さ!
急に「冷え」が気になる季節になってきました。

「冷え」といっても、原因は様々。

それに、「冷え性」にも大きく分けて「3タイプ」あるんです。

1、顔はほてるのに体は冷えてる「お血タイプ」



下半身が特に寒いと感じる
生理痛が強い
下腹部が痛くなりやすい
肩こりがある
のぼせる
あざができやすい
など…

血行が悪くなっているようです。
寒いですが、軽い運動をすること。
20分程度のウォーキングでも随分と効果があるみたいです。

シャワーで済まさず、湯船に浸かりましょう。
お風呂の温度は38〜40度がオススメ。
熱いお風呂には体の調節機能がついていかないかもしれませんので
少しぬるめでじっくり温めてください。
半身浴でもいいと思います。

胃の調子が良ければ、生姜、にんにくなど、辛味の食べ物もオススメです。
酸味のもの、例えばラッキョウなどを少しだけとり入れるのも◎

もちろん冷たい飲み物をひかえるなど、
できるだけ冷えの原因を作らないようにしてください。


2、疲れから内臓機能が低下して起こる「虚弱冷えタイプ」



全身が寒いと感じる
疲れやすく、元気がない
普段から胃腸が弱い
下痢ぎみ
食後に眠くなる
など…

胃腸が弱って、体を温めるエネルギーを作ることができなくなっているため、
消化の良い食べ物や、元気を補う食べ物などがオススメ!
例えば野菜はかぼちゃ、にんじん、山芋、キャベツなど。
鶏肉、牛肉、豚肉もよくかんで頂きましょう。
辛味食材や冷たいものは胃腸の負担になるので控えめに。

激しい運動や、熱いお風呂は体力を消耗するのでおすすめできません。
呼吸法やヨガ、気功など、有酸素運動がおすすめです。
睡眠不足は大敵ですよ!


3、代謝が低下!体の水分で冷える「むくみ冷えタイプ」



全身が寒いと感じる
むくみがある
めまい
鼻水、鼻づまりがある
車酔いしやすい
下半身が重だるい
など…

水分代謝がうまくいかずに溜まっている状態です。
腰の冷えに特に注意してください。
湿気が多い部屋を避け、なるべく日当たりの良い部屋を寝室に。

水分の摂りすぎには注意。
冷たい飲み物はひかえ、温かい飲み物をゆっくり飲んでください。
黒豆、エンドウ豆、小豆など、豆類は水分代謝を良くしてくれます。

汗がかけるくらいの入浴。
ウォーキングなど、汗をかく程度の運動がオススメです。


どうでしょう。当てはまるものはありましたか??
こうしてみると、寒いからといって、急に温めないほうがいいタイプ、
また気力回復を先にしたほうがいいタイプなど、
タイプによって対処法が違うんですよね。

もともとの体質はすぐに改善するものではありませんが、
まずは1つだけでも何か取り入れて続けてみてはいかがでしょうか。

それではまた!

The following two tabs change content below.
Aiko

Aiko

愛知県出身。3歳からピアノをはじめる。大学卒業後にドイツに短期留学。その後広告代理店でコピーライターをしながらピアニストとして活動。 コンピュータ音楽を勉強するため、芸大に編入。 卒業後大阪で商品開発&輸入の仕事、音楽活動、またお家でワークショップスペースを開いたりと、やりたい放題しているうちにココロもカラダもオーバーワークで悲鳴をあげ、ようやく自分自身に目を向けるように。 ヨガでこのココロとカラダがどう変わるのか楽しみながら、初心者だからこその発見を伝えていけたらと思います。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です